心理カウンセリング 大阪 東京 ビリーフチェンジ・セラピー、催眠、ファミリーコンステレーション、NLPで悩みを解決

FrontPage

8月のご予約は満席になりました。 現在、新規ご予約は1ヶ月お待ちいただいております。

NEW!>>体験談が追加されました

>>メルマガ始めました。たまーに届く感じで有益な知恵を確実にお伝えしていければと思います。

>>終了 12月22日(火)19時30〜セミナー『スピリチュアリティについてあれやこれや』

>>終了 11月24日(火)19時30〜セミナー『認知療法 ~心のモヤを追い払う技術~』

>>終了 10月26日(月)19時30〜セミナー『交流分析 〜心地よいつながりを求めて〜』

>>終了 8月24日(月)19時30〜セミナー『NLP3 自分の中の困った子の扱い方』

>>終了7月28日(火)19時30〜セミナー『NLP2 アンカリングと状態管理』

>>終了6月23日(火)19時30〜セミナー『NLP1 理想の未来の作り方』

>>満員御礼!10月13日(祝)セミナー『Tools 1 センタリング・三位一体の自己を扱う』

>>あなたはいくつ当てはまる? 代表的なメンタルブロック一覧

>>無料相談はこちら

>>ブログ『繊細すぎて生きづらいあなたへ』

画像の説明

画像の説明

つぶやき

 スクロールできます↓

NEW!

怒りに震えていたクライアントさんが本当の原因に気づき、ニセモノの感情の奥の本物の感情を処理をすることで、すっきりした顔をして帰って行かれた。

良い仕事をしたなぁ。そう思える瞬間が至福。

最近ようやく自分が納得できる水準の仕事ができるようになってきた。

9年かかった。

(6月26日)


3年ぶりのクライアントさんが来てくれるということで、彼の最近の動向をブログとツイッターでチェックしたら大活躍してて楽しそう。嬉しいなぁ。今日はお互いの発展を祝福し合った。たまに会って尊敬し合える関係っていいな。そしてセッションでは当時見えなかったものが見えて、セラピストとしての自分の成長も実感できた。良い時間だった。
(3月18日)


テロリストの中に愛の動機を見てそれに寄り添おうとしない限り、テロは絶対に許さないとか言ってる限り、テロも戦争も無くならないですよね。被害者の痛みに寄り添うことはもちろん大切だけど、本当に深い根本的解決は加害者(と見える人)に寄り添うことによって起こります。それが癒やしを追求する心理療法が明らかにした真実です。
(11月16日)


人の機嫌を取るより自分の機嫌を取ることの方が大事ですね。自分が上機嫌でさえいたら人の機嫌くらい取れますから。ということで最近は気付けば自分でも引くほど、自分に優しい…。今日もグッジョブ!自分!(笑)
(9月30日)


どうやらこのまま行くとお盆まで休みが無いようで、そして以前休んだのはいつかと振り返るとGWでした…。
私はもう少しゆったりと仕事をして、その分、たくさん文章を書いた方がより多くの方に良い影響を与えられる人間だと思っています。
ということで、もう少しペースを落としたいと思っています。
現在、新規でのご予約は2ヶ月先の9月のお約束となります。よろしくお願いします。
(7月9日)


最近はセッションの質が今まで以上に深まってきました。悩みや心身症の原因が思いもよらないところから現れ、心というものの奥深さに驚かされます。
心というものは個人だけのものではなく、家族や家系の歴史にも属するもので、悩みの原因がクライアントさんが思っている出来事であることは、かなり稀なのです。
(7月1日)


お陰様で最近はカウンセリングのご依頼が本当に多くて、手帳をよく見てみると一ヶ月以上休みが無いことに気付きました。
そこでスケジューリングを考え直しております。
継続のクライアント様の予約が取れない…という事態は避けたいので、現在、ご新規でお申し込み頂いた方には一ヶ月近くお待ちいただく場合がございます。よろしくお願いします。
(5月14日)


長年セラピーを受けても変わらなかったのに、私の所で数回で変化して驚いた…というような声を最近よく頂きます。一番長い方ですと20年間ありとあらゆるセラピーを体験したのだとか。それでも変わらなかったのは、感情を開放するだけでは人は根本的には変わらないということです。大切なのはコアビリーフを変える構造を持ったセッションができるかどうか。心理療法は新しい時代に突入しています。
(4月7日)


エネルギーが強くてパワフルな人は悩みや葛藤もパワフルになりますね。じんわりと悩むんじゃなくて激しいパニックだったり、病気を作り出したり、自分を痛めつけたり。でもそのパワフルさが癒やしに向かうと改善の仕方もパワフルになります。
2回目のセッションに来て開口一番に「治りました!!」とか。
「え…?ちょっと早すぎません?」と、こっちが戸惑ったりします(笑)
悩みを創りだすのも、癒して前に進めるのも同じエネルギーなのですね。
(3月24日)


4回の電話セッションが今日で終結。最後に「本当に幸せになれました。」と言ってもらって気づいた。そういえば「幸せ」というものをかなりダイレクトに与えられる仕事をしているのだと。有り難いし嬉しい。豊かな時代になって、外側の現実だけを見ると皆幸せなはずなのに、心がそれを受け取れなくしている。そしてそれは意外に簡単に変えられる。
(3月3日)


私の心理療法で与えられる最大の価値は、悩みを解消することでも、心の病を治すことでもありません。それは結果に過ぎません。
クライアントさんにとって最も価値があるのは、その人の無意識の戦略が書き換わり、古い窮屈な自分から開放されることです。人生脚本が書き変わるのです。それが今後の人生に与える価値の大きさは計り知れないものがあります。
(2月17日)


「理想の親に育ててもらう。」という催眠ワークがあります。愛情や社交性を完璧に備えた親に育ててもらう人生を、催眠の中で体験し直すワークです。そうすると、潜在意識は新しい人生経験と学びを受け取ります。実際の人生経験がどんなに悲惨であろうと、人は決して過去に縛られるだけの生き物では無いということですね。
(1月29日)


自分の過去に思い出したくない部分がある。直視したくない部分があるという方は、実は無意識レベルで大きなエネルギー漏れを起こしています。セラピーの中で過去を精算すると、失っていたエネルギーが戻ってくるので、快活に前を向いて生きられるようになります。
(12月8日)


催眠で潜在意識にお願いして、本人が気付いていない才能や能力を思い出させてもらうと、クライアントさんは驚きとともにセルフイメージを変えていかれる。新しい自分にならなくても、本当の自分を思い出すだけで良いのです。潜在意識は宝の山ですね。
(11月20日)


四月にうつで休職中だったクライアントさんが、しっかりと回復されて自分の人生を歩む決断をされ、そして今、生まれて初めて自分の人生を生きる充実感を感じているとおっしゃった。感動しました。
(11月16日)


人が怖くて言葉が出なかったクライアントさんが、2時間後、笑顔で話しながら帰って行かれた。やはり無意識に働きかける心理療法には力がある。
問題を起こしてるのはあくまで無意識だ。頭で分かってもできないから皆困っているのだ。
(11月14日)


コラム

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional